たった1回のブリーチでつくるブルー系カラー

どうも、MASAです!!

今回もすごいですよ~

果たして、たった1回のブリーチでブルー系カラーは入るんでしょうか??と、ある意味ではチャレンジ企画な要素ではあるのですが、ブリーチの抜け方とアルカリカラーorトリートメントカラーの選定の仕方で色味はキレイに入るんです♪

今回も経験と知識を元にしっかりと染めていきますよ~

本日のお客様は…

常連客のT様。

過去のグラデーション部分に黒染めが入っているのですが、比較的に褪色気味だったので「これなら行ける!」と、いう判断でブルー系カラー目指して染めていきます!

先ずは、ブリーチ作業から…

……………

……………

ざっくりとこんな感じに抜き切りました。

プロセスも今回はすごく大切で、黒染め部分からダメージを最小限に抑えるために「ファイバープレックスブリーチ」を塗布。残りの部分も、毛先のブリーチの抜け方を見ながら時間差で脱色力の高い「ハホニコブリーチ」を使用。

(根元は、暗めで立体感ある方が良いので3cmオープンで塗布しました)

また、ブリーチはスピード・塗布の仕方でも仕上がりが変わるので【全集中・ブリーチの呼吸!】で素早く丁寧に塗布するのが大事♪(←知らない人は、ごめんなさい 笑)

さて、ここからセカンドカラー。

1回のブリーチだと、トリートメントカラーは少し不向きかな…若干、オレンジ感も強いし。また、色ブレなど起こりやすいので少しリスクが高いような気がするので

今回はアルカリカラー「tint bar」のインディゴブルーをセレクト。

補色も、パープル系もちょっぴり入れちゃいます。

……………

……………

仕上がりがこちら。

!!!!!!!!!!!!

tint barの安定感半端ない!!

とても、キレイに染めることが出来ました。

また、コツとしてOXYコントロールなどもめちゃ重要!!

たった、1回のブリーチでもここまでキレイにブルーを入れることもできるんですよ♪

求める彩度などで、ブリーチの回数などをコントロールするのもプロの技。

良い感じになったと思います。

T様、ご来店ありがとうございました♪

それでは。

 06-6583-2999
 WEB予約